公開講座・イベント
  • 特別公開講座
  • アセンブリーアワー講演会
  • 公開講座GARDEN
  • 「京都の伝統美術工芸」講座
  • 情報館イベント
  • ギャラリーフロール
  • 展覧会情報
  • 出版・書籍
  • セイカプラス
  • 記念講演会アーカイブ
展覧会・イベント情報トップ
特別公開講座

10/29,30 マンガ学部客員教授連続講義「マンガとアニメーションの間に」

日 時:第3回 10月29日(水)18:00~19:30
    第4回 10月30日(木)16:20~17:50
場 所:10/29 京都精華大学 黎明館1F L-101教室
    10/30 京都精華大学 対峰館1F T-109教室
参加費:無料(申込不要)
対 象:在学生、一般の方

マンガ学部客員教授、竹熊健太郎先生による連続特別講義を開催します。
前期より全6回にわたり「マンガとアニメーションの間に」をテーマに、密接な関係にあるマンガとアニメーションを「時間芸術」と観点から、また歴史的な経緯をたどりながら、その関係をわかりやすく読み解いていきます。後期は第3回から第6回までを開催します。事前申し込み不要。マンガ学部に限らず、他学部学生、一般の方の参加も歓迎します。

※第1回「ウィンザー・マッケイの人と業績」と、第2回「ウォルト・ディズニーをどうとらえるべきか」は前期に終了しました。

◎10月29日(水)第3回「手塚治虫の引き裂かれた夢」

「マンガは本妻、アニメは愛人」という言葉を残した手塚治虫は、アニメ製作を生涯の目標としながらもまずマンガ家として成功を収め、ついで自分のアニメ会社を作って「テレビアニメ」の基礎を築いた。しかし、マンガ家としての高評価とは裏腹に、アニメ作家としての手塚の評価は必ずしも高くはない。筆者が理解する手塚の仕事の本質は、まずマンガにアニメーションの表現手法を導入したことであり、続いて彼はアニメにマンガの方法論を導入しようとした。しかし個人作業を前提したマンガと、集団作業を前提としたアニメでは、製作手法の違いには天地の開きがあった。にもかかわらず手塚がアニメにもたらした「マンガ的ドラマツルギー」は、その後の日本アニメ発展を考えるうえでは無視することのできない影響があった。

◎10月30日(水)第4回「マンガ版『ナウシカ』はなぜ読みづらいのか?」

宮崎駿のマンガ版『風の谷のナウシカ』('82-'94)は、『カリオストロの城』('79)の興行的失敗後、アニメ界から「干されていた」時期に連載が開始された。宮崎にとっては数十年ぶりのマンガ執筆であり、そのマンガとしての「読みづらさ」にも関わらず話題作になり、宮崎自身によってアニメ化('84)された。マンガ版「ナウシカ」はその後も執筆が続けられ、長編大作として完結した。マンガ「ナウシカ」はなぜ読みづらかったのか。連載を経るに従ってそれがどう変化していったのか。マンガとアニメはどう違うのか。同じ作者がマンガとアニメ両方を手がけた「ナウシカ」は、双方の表現の差異を語るうえで格好のテキストである。

saruman.jpgたけくま けんたろう

編集家、ライター、マンガ原作者。相原コージと組んだ『サルでも描けるマンガ教室』(1989~1992)では、マンガを創作の視点から解き明かす。著書に『私とハルマゲドン』『マンガ原稿料はなぜ安いのか』『ゴルゴ13はいつ終わるのか』『篦棒な人々ー戦後サブカルチャー偉人伝』等多数。


たけくまメモ:http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/


■今後の講演概要
※会場等は決まり次第、本学Webサイトでお知らせします。

◎12月18日(予定)第5回「“反・物語作家”としての大友克洋」

手塚治虫と同じく、マンガ家としての成功を背景にアニメーションに進出した大友克洋。だが90年代半ば以降の大友は、マンガ家としての仕事を休止してしまった感がある。手塚の本質が物語作家であるとするなら、大友の本質は「情景の描写」にある。時間芸術であり、しかしアニメと異なり直接的に「時間」が扱えないマンガは、必然的に「物語」を志向する。だが大友克洋は、出来事の一部を「シークエンス」として描写することに徹し、起承転結という物語の構成要素を使わない「反・物語作家」である。また大友は、マンガ・アニメにとって一番重要な要素とされている「キャラクター」に興味を示さない。彼がマンガ・アニメにもたらしたものは、「風景(背景)を主役にする」という、驚くべき世界であった。

◎12月19日(予定)第6回「マンガとアニメが融合する日」

新海誠「ほしのこえ」('02)はその完成度によってアニメ界に衝撃を与えたが、同時にエンターティンメント作品を、ほぼ個人の力で、パソコン一台で劇場公開レベルにまで持って行ったことでも話題になった。これはある意味で、集団作業では作家性の表出に失敗した手塚治虫の「夢」が実現したことを示すものでもあった。PCとネットの発展で登場した個人アニメ作家の作品を見ながら、マンガとアニメの制作手法が接近し、表現として融合していく未来を展望する。

お問い合わせ先:京都精華大学 教務課(マンガ学部)TEL:075-702-5262

特別公開講座の一覧